祈る心・想いをカタチに。塩七の「お仏壇」と「お墓」

お彼岸とは

春のお彼岸は3月の春分の日を中日として前後3日間の計7日間を期間とし、秋のお彼岸は9月の秋分の日を中日として前後3日間の計7日間を期間とします。

『彼岸』という言葉はもともと仏教の言葉であり、意味としては「煩悩を脱した悟りの境地のこと」を指しています。

煩悩とは、心身を悩ませ、乱し、煩わせ、汚すすなわち悟りの境地を妨げるあらゆる精神作用のことです。さらに、三途の川をはさんで、我々が住んでいる世界を此岸、そして向こう側の仏様の世界を彼岸といいます。つまりお彼岸とは、我々人間の迷いや苦しみの原因となる煩悩のない、悟りの境地に達した世界であり、極楽浄土のことを言います。

彼岸の期間になると、煩悩を払うために西に沈む太陽に祈りを捧げていたようです。通常、春分の日と秋分の日の中日は、太陽が真東から出て真西に沈みます。よって、この日に沈む太陽を拝むことは西にある極楽浄土に向かって拝むことになるのだと言われています。

仏教が伝わる以前から、日本には「ご先祖様」や「自然」を崇拝する風習がありました。自然への信仰、つまり太陽への信仰を指していた『日願』が仏教の彼岸と結びついたという説もあるようです。


少しずつ暖かくなるこの季節…ご先祖様を偲び思い出しながらご家族でお墓参りに出かけませんか。故人の好物をお供えし、思い出を語ったり、近況報告をするなど…ご先祖様もきっと喜ぶことでしょう。

とはいえ、遠方に住む方・お仕事で出向けない方など…なかなかお墓に行く事が難しい方も多いかと思います。そんな時は、ご自宅にてお仏壇を掃除し手を合わせ、雪解けの後のゴールデンウィークなどに出向くのも、きっと温かい気持ちでご供養できるのではないでしょうか。

お墓参りの手順

  • 1.お寺の墓地の場合は、お参りの前に本堂や本尊にお参りしましょう。
  • 2.手を洗い浄めましょう。
  • 3.手桶に水を汲み、墓地に向かいましょう。
  • 4.お墓の前についたら一礼し、両手を合わせて合掌しましょう。
  • 5.お墓と、お墓のまわりの掃除をします。
    ■お墓のまわり
    ・枯れた花が残っている時は取り除き、花立てをきれいにしましょう。
    ・雑草などは刈り取り、まわりをほうきで掃き清めましょう。
    ■墓石
    ・墓石にきれいなお水をかけて清め、スポンジで汚れを落とします。
    ・細かいところは、歯ブラシを使いましょう。
    ・石を痛めないようにやさしく汚れを落とします。
    ・洗い流したらタオルなどでふき取ります。

  • 6.お墓がきれいになったらお線香を供え、
    お花やお菓子などのお供えをし拝礼をします。
    ■お線香
    ・線香立てにお線香をお供えします。
    ■お花
    ・お花はお供えしたままになりますが、風などあとで倒れないようハサミで短かめに切ってお供えしましょう。
    ■お水
    ・墓石のてっぺんから手桶のきれいなお水をかけて清めましょう。
    ・お水をお供えする器(水鉢)があればきれいなお水を入れましょう。
    ■お供え物
    ・半紙または持参した器などの上にお供えをし、お参りが終わったら持ち帰りましょう。
    ■合掌・拝礼
    ・両手を合わせ、先祖や故人の冥福を祈りましょう。
    ・近況の報告をしたりしましょう。
    ・お経を唱えることができれば、お経を唱えても良いでしょう。

大切な2つの場所
「お仏壇」と「お墓」

礼に関する諸説を集めた『礼記(らいき)』という本の中で「人が亡くなると目に見えない精神の魂は天に還り、形ある魂(肉体)は大地に還る。だから二つの魂が宿る」とあります。

特別なやすらぎの場所
オリジナルのお仏壇・お墓

大切な人の2つの魂があるとするなら、そのいるべき場所も2つ。お仏壇と、お墓がそのやすらぎの場所となれば。
故人の人柄、そして大切な思い出をカタチにしたお仏壇とお墓なら、なおのこと故人も喜び、家族にとっても末永く愛せる場所となるのではないでしょうか。
塩七では、故人に合わせたオリジナルのお仏壇とお墓をご提案させて頂きます。どうぞお気軽にご相談ください。

お仏壇・お墓 同時ご成約特典「ご購入金額の10%分 商品券プレゼント」

こんな声をいただいてます -お客様の声-


親と子の繋がり、家族の大切さをいつまでも忘れないように

北上市 K様

いつまでも感謝の気持ちを忘れずに
親子の繋がりをいつも感じられるように

昔ながらのお仏壇の雰囲気でも、新築した家に合うお仏壇をと思い、製作を依頼。欄間には宗紋を入れて頂きました。毎日お仏壇の前で手を合わせる度に、家族への感謝の気持ちを感じています。

お墓には、親と子の絆を大切にしたいと想いを込め、親子縞(前面の縦縞模様)を入れて頂きました。

いつでも、親が子を想う気持ちと、親への感謝の気持ちを大切に感じ、亡き父とのいろいろな思い出や、家族への思いやりを思い出させてくれます。
いろいろなこだわりや要望を心良く取り入れて頂いたことや、お値段にも大変満足しています。

父の「夢」と息子の「想い」、残された家族との絆がテーマです

北上市 T様

父の好きだった風景と「夢」
それに応える家族の「想い」が
詰まったお仏壇とお墓

シンプルで使いやすいデザインのお仏壇をと、製作のお願いをしました。いつまでも家族を守ってくれるようにと願いを込め、昔から魔よけ、厄よけの木と言われる槐(えんじゅ)を使って頂きました。
お位牌には、父が好きだった西和賀の山をイメージして「蕨」と「片栗の花」の蒔絵を。

お墓には父の残した夢が引き継がれる様にと、「夢」と「永」の文字を。それに応える息子の想いとして「想」の文字を刻んでもらい、いつまでも続く家族の絆を表しました。素材に他ではあまり見ない緑の石を使って頂いたのも気に入っています。
要望通りお手入れもしやすく、祈る度に父を思い起こさせる良いお仏壇とお墓を作って頂き、家族皆感謝しています。

神棚も専門店での購入がおすすめです 入社後奮闘記 入社後奮闘記
株式会社 ヤマカ塩七 公式Facebook
  • 塩七最上級 仏壇ブランド「会心之仏壇」
  • 国産高品質のお仏壇をもっと身近に「namuda/ナムダ」
  • 供養の心、祈る気持ちを生活のすぐそばに「パーソナル供養 仏壇」
  • 大切な想いを込めて「デザイン墓石」
  • 全国優良仏壇専門店会(全優仏)
  • 仏壇市場.com - お仏壇販売優良店紹介サイト
  • 仏間の設計概要 お仏壇の安置場所、仏間の設計についてご案内します。
  • 仏間の設置 Q&A
  • 安心と信頼のお約束 仏壇公正取引協議会会員
  • 入社後奮闘記
  • 店舗案内(アクセスマップ)
  • 会社概要
  • 当社の歩み
  • 社会貢献活動

株式会社 ヤマカ塩七


【塩七 仏壇メモリアル館】
 (盛岡本店)
岩手県盛岡市津志田21地割1-2
TEL 019-601-3611 / FAX 019-601-3622

【塩七 仏壇ギャラリー館】
 (北上総本店)
岩手県北上市さくら通り3丁目17-10
TEL 0197-65-1501 / FAX 0197-65-1424

【塩七 仏壇namuda館】
 (水沢店)
岩手県奥州市水沢区佐倉河字鐙田9-5
TEL 0197-22-5222 / FAX 0197-22-5222

株式会社 ヤマカ塩七

【塩七仏壇ギャラリー館】
岩手県北上市さくら通り3丁目17-10
TEL 0197-65-1501 / FAX 0197-65-1424

【塩七仏壇namuda館】
岩手県奥州市水沢区佐倉河字鐙田9-5
TEL 0197-22-5222 / FAX 0197-22-5222